読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長岡市定点観測

長岡の街の日々の記録

フジフイルム X-Pro2を使ってみた感想と写真。その2

f:id:teitennagaoka:20160708222358j:plain

先日の続き、フジフイルムのX-Pro2で撮影した長岡の街のスナップ写真を掲載します。

私は、ツイッター上で「#長岡スナップ」と言うタグで、長岡の街の日々のつれづれを掲載しています。

この度、そのタグをブログにも移植して、カテゴリーを作ることにします。

 

f:id:teitennagaoka:20160708222432j:plain

 

f:id:teitennagaoka:20160708222232j:plain

 

f:id:teitennagaoka:20160708222523j:plain

さて、このX-Pro2というカメラは、使ってみてわかりましたが、最高のスナップカメラだと思いました。

光学ファインダーがあるということは、私のようにレンジファインダーカメラを使っていた者としては、非常にスムーズに違和感なくフレーミングができて、軽快にシャッターを切っていけます。

そのファインダーも見え具合が素晴らしく、パララックスもシュッとスムーズに補正してくれて、なかなかいい感じです。

 

そして何と言っても、OVF・EVF切り替えレバーを反対側にひねると出てくる、「エレクトリックレンジファインダー」。

これが、最高に素晴らしいと思いました!

マニュアルフォーカスで撮影する際に、光学ファインダーのまま、ファインダーの隅っこにフォーカスピーキングの小窓を出すことができます。

つまり、フレーミングしたままでのピント調節が可能になったのです!

オートフォーカスとマニュアルフォーカスの両立という観点から、レンジファインダーオンリーのライカや、エプソンR-D1シリーズでは成し得ない、とてもユニークな発想の画期的な機能だと思います。

 

その他にも、イソ感度ダイヤルが、フィルムカメラ(主にヘキサーRF)を使ってた人ならグッとくる仕様になっていたり、フィルムシミュレーションのモードACROSが最高の写りを提供してくれたりと、もうなんというか至れり尽くせりの仕上がりです。

あと操作性でいうと、X-Pro1でもそうだったように、機械式レリーズがつけられたり、ぐりぐり回るジョグダイヤルが装備されたり、露出補正ダイヤルが標準で+3〜-3まで設定できるよう拡張されたりと、完成度の高さが伺えます。

 

f:id:teitennagaoka:20160708222616j:plain

 

f:id:teitennagaoka:20160708222818j:plain

 

さて、ここまで褒めておいてこんなこと言うのもなんですが、このX-Pro2というカメラ、一つだけ私がこれは…と思うところがありました。

それは、バッテリーの持ちがあまりにも悪いということです。

この写真を撮った日ですが、常に電源入れっぱなしで、光学ファインダーオンリーに切り替えて、約2時間ほど撮り歩いたのですが、2時間ぽっちでバッテリー切れしました。

X-T1とX-T10、あと引き合いに出すのもなんだかアレですが、オリンパスのPEN-Fはもっと長時間連続して撮影することができました。

 

しかし、これはセンサーとエンジンを完全に新しいものにブラッシュアップしたため、仕方ない事だと思います。

なぜなら、その事をフジフイルムの営業マンが認めていたからです!

APSセンサー史上最高画質と2430万画素の解像度、フィルムシミュレーションACROSモード、そしてそのすべての画像処理を司る、新画像処理エンジン。

つまるところ、バッテリーの持ちを犠牲にしてまで、画質にこだわってこだわってこだわりぬいた、そんなカメラなのであります!

しかし、そんなのはバッテリーをもう一個買えば問題ではありません!

 

というわけで、このカメラはAPSカメラの中で、最高のスナップカメラだと思います。

フィルムライクなデジカメを使ってみたい方、フィルムカメラを使ってて、そろっとデジカメ買おうかなって思ってる方、とにかく高画質!スナップ!って方には、本当に、最高にオススメできるカメラです!!

 

さて、こんだけ褒めて宣伝したんだから、フジフイルムさんからは、ぜひなんかもらいたいですね(笑)