2018.04.23の水道公園の様子

f:id:teitennagaoka:20180621230556j:plain

ほんのわずかですけど、この観測記録を見てくれている人がいます。

その人の人生にわたくしの写真は、はたして何を与えるのだろうか?

わたくしの人生に何をおよぼすのだろうか?

そんなことを考えても何にもならないのですが、この写真が確かに人の目に留まっているのだと言う嬉しい気持ちに、ほんの少しだけなります。

どこかの誰か、もしかしたら知っている誰か、ありがとうございます。

 

2018.04.22の水道公園の様子

f:id:teitennagaoka:20180621230127j:plain

太陽が高く昇るほどに、情報量が多くなってくる。

この日は土日だったみたいだ。

 

2018.04.21の水道公園の様子

f:id:teitennagaoka:20180621225647j:plain

この頃から撮影する時間を、できるだけ毎朝に固定しはじめました。

オーギー・レンをリスペクトするかの如く。

 

2018.04.20の水道公園の様子

f:id:teitennagaoka:20180621225305j:plain

毎朝違う人がその道を通るし、毎朝同じ人もその道を通っているのです。

新緑の季節が始まろうとしていました。

 

2018.04.19の水道公園の様子

f:id:teitennagaoka:20180616005237j:plain

桜も少しずつピンクの花びらから緑の葉に移ろおうとしています。

この日は晴れわたっていたみたいです。

 

2018.04.18の水道公園の様子

f:id:teitennagaoka:20180616004832j:plain

向こうの山から雲が噴き出しているような、雨上がりの朝だったと思います。

 

2018.04.17の水道公園の様子

f:id:teitennagaoka:20180616004352j:plain

鯉のぼりが出はじめたのもこの日からでした。

学校帰りの子供たちが遊んでいました。

 

数ヶ月前の写真を見ていると、たった数ヶ月前のことなのに随分昔の記憶を懐かしんでいるような気分がします。

春が懐かしいです。